留学メイン.gif

2006年09月27日

◇ワーキングホリデー◇

◇ワーキングホリデーってなに??◇


ワーキングホリデー受入れ国は現在7ヵ国あります。
1年間、アルバイトをしながら海外で暮らせるワーキングホリデー制度。18〜30歳(あるいは25歳)の人にワーキングホリデービザ申請資格があります。受入れがある国は現在、カナダ、オーストラリア、ニュージーランド、フランス、イギリス、ドイツ、韓国の7ヵ国。

◇ワーキングホリデーの過ごし方◇


■海外で悠々自適の一人暮らしを楽しむ

現地でアパートを借りて定住型の海外生活を楽しむもよし、列車や車などで国内各地&周辺諸国を回って自由な旅人になるもよし。ワーキングホリデーでは観光や文化体験など自分のしたいことに贅沢に時間を割り振ることが可能。海外で刺激を受けたい、リフレッシュをしたい、外国人の友達を作りたい、あらゆる願いが叶えられます。

■海外の企業やショップ、レストランなどでアルバイトを経験

ワーキングホリデーの魅力は生活費を補うためのアルバイトが許可されていること。国により、同じ職場で3ヵ月以上の勤務はNGなどの規則があるものの、海外での勤務経験はキャリア上においても大きな財産となり、共に働く同僚と固い絆で結ばれることもしばしば。さまざまなアルバイト先を経験して経験値と人脈をUP!

■友達やカップル同士で海外生活をする

友達同士あるいはカップルや夫婦同士でワーキングホリデーに行く人も増加中。親しい人や家族と海外生活をしてみたいという好奇心旺盛な人たちにおすすめ。ふたりで生活をすればその分家賃や生活費などの出費も抑えられます。また、精神的にも支え合えるため不慣れな海外生活にもなじみやすいのがポイント。

■長期ホームステイで外国人ファミリーと暮らす

ホームステイをしてホストファミリーといっしょに暮らすという選択肢も。とくに渡航したてのころは現地生活に不安が多いもの。その時にホストファミリーは心強い味方となってサポート&アドバイスをしてくれます。そのまま長期ステイでファミリーとの絆を育むのもよいですし、アパート探しなどを手伝ってもらい独立しても。

■語学習得やお稽古ごとに専念する

ワーキングホリデー中に各種スクールに通ってスキルアップを目指す人も。学生ビザでの渡航とは異なり、途中で通学期間が途切れてもビザステイタスを気にせずに滞在できるというメリットがあります。スクールでは多様な国籍の人と知り合いになれるので、国際的なネットワークが広がります。

■将来の海外生活の足がかりとして渡航する

ワーキングホリデー参加者は将来は海外で働きたい・暮らしたいという夢を抱いている人も多いもの。実際に現地でそのまま就職or結婚してさらなる長期滞在を経験する人もいます。海外でさまざまな経験を培い、人や企業などとの出会いを大切にしていけば、憧れの海外永住に向かって一歩前進できること間違いなし。
posted by 管理人 at 18:21| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。